universal-mind

ユニバーサルマインドは、株式会社ノウイングのインストラクター中島志保が運営する叡智のスクールです

カテゴリ: 書籍


《魂の暗い夜》
十字架の聖ヨハネ

*

この幸いな夜に、

誰にも見られず、何も見ないで、

ひそかに私は出ていった、

心に燃え立つ光の他には

何の光の導きもなしに。

*

Noche oscura del alma
(San Juan de la Cruz)

*
En la noche dichosa,
en secreto, que nadie me veia
ni yo miraba cosa,
sin otra luz guia
sino la que en el corazon ardia.


キャンドル

十字架の聖ヨハネ(Juan de la Cruz, 1542-1591)は、スペインのカトリック司祭で、神秘思想家でもあります。

十字架の聖ヨハネ

十字架の聖ヨハネは、『魂の暗い夜』(Noche oscura del alma/Dark Night of the Soul)という著作を残しました。

『暗の暗い夜』では、「神との一致にいたるまでのプロセス」が、8編の詩の形式で表現されています。そして、キリスト教を信仰している人だけではなく、多くの人々の心に響いた著作となりました。

暗夜
ファン・デ・ラ・クルス
ドン・ボスコ社
1987-12

私たちの意識が「現在」とみなしているものは、脳の宇宙的ビデオレコーダーの磁気ヘッドを通過したテープの一部分でしかない。物質としての脳の神経学的配線は比較的固定されているので、脳は磁気ヘッドからの情報を認識することしかできない。比喩的にいえば、過去や未来にチューニングする能力とは、すでにビデオテープに保存されているホログラフィー干渉パターンの中に心的エネルギーを利用して入りこむ能力であるということになる。いくつかの秘教的文献では、「アカシックレコード」としてそれらの「記録書」について触れられている。ビデオテープに保存されてはいるが、現在磁気ヘッドから離れている部分にアクセスするには、自己の意識の周波数を変化させて、他の時空に同調させる力が必要であろう。(リチャード・ガーバー著「バイブレーショナル・メディスン」p.192-193より)

アカシックレコード


聖書はメタファーの宝庫です。物語として読むだけでも興味深い書物です。

聖書

もし、聖書を持ってなくて、これから購入しようと思っている方がいらっしゃれば、日本聖書協会が出版している新共同訳聖書(旧約聖書続編つき)をお薦めします。そしてその中でも、文字が大きい大型聖書をお薦めします。

私が愛用している聖書はこちらです。とても読みやすいです。

大型聖書 旧約続編つき - 新共同訳
共同訳聖書実行委員会
日本聖書協会
2000





このページのトップヘ