9月19日に、このブログで、「時間軸汚染について」という記事を書きました。今日はその「時間軸汚染」について、具体的な例をひとつご紹介します。

例えば、あるアカシックリーダーが、あるひとりの人と出会ったとします。そして、双方が相手に対して好感を持ち、友だちになったとします。(この場合、異性でも同性でもどちらでもいいです)

そして、そのアカシックリーダーは、『その友だちとは、5年後には、友だちではなくなっている』という情報をアカシックレコードから受け取ったとします。そこで、そのアカシックリーダーは、アカシックレコードに、『なぜ5年後にはもう友だちではなくなっているのか?』という質問を投げかけてみると、『親しくなればなるほど、お互いの人生の目的が、まったく違うものであるということに気づくから』と書かれていたとします。そこでさらに、アカシックレコードに、『具体的にどのように、その友だちとは、人生の目的が違うのか?』という質問を投げかけてみると、『あなたは人生について深く探究したいタイプだけど、相手は深く探究するよりも新しいことをどんどん体験したいタイプだから』と書かれていたとします。それから、アカシックレコードに、『だんだん相手の存在が苦痛になってきて、5年以内に別れる』と書かれていたとします。

このあと、アカシックリーダーには、少なくとも2つの選択があります。

1つ目の選択:
この情報を知りつつも、この先に訪れるであろう別れの日まで、一緒に食事をしたり旅行をしたりして時間を過ごす。

2つ目の選択:
この情報を知った直後に、いずれ別れるということで、その友だちと会うことをやめる。

ここで、アカシックリーダーが、「2つ目の選択」を行動に移した場合、数ヶ月あるいは数日といった短い期間に、2人が別れる原因となる出来事がいくつも押し寄せてきて、自分も相手も、自我の部分が圧倒されるような感覚に陥ります。そして、息つくひまもなく押し寄せてくる出来事は、自分の細胞意識にデータを統合しようとする力を衰えさせます。これは、本来の自然な流れではありませんので、アカシックレコードの世界では、時間が歪曲されるとうい意味で、タイムラインポルーション(時間軸汚染)と呼んでいます。

砂時計