自分自身に覚醒が訪れるまでは、この世界は、まさに「自分を映す鏡」です。なぜなら、自分の外側で起きていることは、自分の内側にあるものが表出したものだからです。ですから、自分の外側で繰り広げられている現実は、それそのものがすべて、「私は誰か?」ということを探究する素晴らしいツールとなります。

私たちは、地球という舞台における、ドラマの登場人物であり、またドラマ自身です。ですから、望ましい結果を得るために、このドラマの要素をどのように操作したらよいのかを学んでいるのです。『このような行動を取ったら、このような結果になった』とか、『あのような行動を取ったら、あのような結果になった』とか。このようにして、私たちは、日々、勝ち負けのあるゲームで、一生懸命、成功しようとしています。

このゲームから抜け出すことができれば、私たちは、真にクリエイティブでパワフルな人生を送ることができ、その先に覚醒がおとずれます。

迷路