universal-mind

ユニバーサルマインドは、株式会社ノウイングのインストラクター中島志保が運営する叡智のスクールです



花

「宇宙銀行の口座を開設する方法」進化版(Version.2)に続き、さらにパワーアップした内容の進化版(Version.3)を名古屋市内にて開催いたします。

多次元的な存在である私たちは、やりたいことを好きなだけすることができる自由空間にいます。しかし実際には、自分自身を取り巻くさまざまな物理的、心理的な制約のおかげで、やりたいことができずにいる方も多いでしょう。

やりたいことを好きなだけやるための方法は二つあります。一つは、自分の潜在意識の中にある制限を外すこと、もう一つは、物理的な次元の外側を理解して自分の意思を物質化することです。

物理的な次元の外側には、アストラル層やメンタル層などさまざまな次元があります。今回のセミナーでは、そうした次元についてご説明したあと、自ら望む方法で好きなだけお金を手に入れることができる「宇宙銀行口座」の開設方法をお伝えします。具体的な実習の場や、個人的なご質問、お悩みにお答えするQ&Aの時間も設けます。

宇宙銀行口座の開設にご興味のある方のご参加をお待ちしております。

《内容》
●知っておいた方がいい! お金が入ってくる「3つのパターン」
1.潜在意識が現実化するお金について
2.アストラル銀行のお金について
3.宇宙銀行のお金について

●お金の収入と支出は自らの潜在意識が生み出している
1. お金を引き寄せる潜在意識の使い方
2. お金の流れを滞らせている思考のブロックを瞬時に外す方法
3. 宇宙銀行口座の開設に向けた自己抽象化の方法

●物理的な肉体のエネルギーを隣接する次元に持っていく方法
●宇宙銀行口座に関するQ&A

《日時》
2017年03月20日(月・祝)10:00~17:00

《講師》中島志保(アカシックレコードリーダー)

《場所》国鉄会館(会議室602)
    
   住所:名古屋市中村区椿町20-15
   電話:052-452-0168
   JR名古屋駅太閤通口(新幹線口)から徒歩3分

《定員》30名

《参加費》10,000円(税込)
 ※事前のお振込みをお願いしています
 ※キャンセルが可能です

《共同開催》
GTNLPオフィス後藤~名古屋で本当のコミュニケーションが学べる場所~
ユニバーサルマインド

お問合せ&お申込みは、次の2つのどちらかよりご連絡下さい。
GTNLPオフィス後藤(後藤正宏)
ユニバーサルマインド(中島志保)

みなさまのご参加をお待ちしています。

宇宙

叡智の道

最新記事
2017年01月03日 時間は人間がつくりだしている

Archive
2016年08月23日 体外離脱について
2016年08月25日 覚醒したあと、人生はどうなるのか
2016年09月09日 自由とは何か
2016年09月13日 時間の概念を超える
2016年09月17日 覚醒が訪れるまで
2016年09月19日 時間軸汚染について(1)
2016年09月21日 時間軸汚染について(2)
2016年10月07日 覚醒するためには
2016年10月13日 私たちは本当は何も選択していない
2016年10月17日 アカシックレコードにおける「レスポンス」という概念について
2016年10月23日 自分自身が究極の「原因」となる
2016年11月09日 アカシックレコードに入るときの視点について
2016年11月15日 五感は「期待」に沿って働く
2016年11月23日 人生を送るための2つの視点

宇宙には、「時間」というものは存在しません。過去から未来へと進む直線的な時間の感覚は、人間の集合意識から生まれています。

それではなぜ、「時間」というものが存在するのでしょうか?

それは、私たちが、この地球上で、次々と起こる物理的な出来事に対して、ひとつひとつレスポンス(応答)しているからです。

例をあげましょう。ある喫茶店に、ひとりの男性客がいます。その男性は、あまり会いたくない人と待ち合わせをしています。そしてその相手から、「車が渋滞していて、1時間遅れます」という連絡が入り、手持ちぶさたの状態で1時間待つことになったとします。そうすると、その男性にとって、その1時間はとても長く感じるかも知れません。また、同じ喫茶店に、男女のカップルがいます。そのカップルは、深く愛し合っていて、楽しく語り合っています。そうすると、そのカップルにとって、その1時間はとても短く感じるかも知れません。

このように、私たちは、同じ「1時間」という時間に対しても、自分が置かれた状況によって、長く感じたり、短く感じたりします。これもレスポンス(応答)のひとつです。

コーヒー

人間の集合意識の外に出ると、そこには「時間」というものはなく、すべてが「同時」に存在していることがわかります。

私たちは、この宇宙に、「瞬間」として存在しています。しかし、地球で生成された物理的な肉体の意識は、その「瞬間」として存在しているものをしっかりと認識するために、スローモーションのような連続性をもたせ、ひとつひとつを細分化させているのです。

このように、連続性をもたせたもの、あるいは、細分化されたものを、マクロな視点で見渡したとき、すべてのものは、1つの雛形から派生しているということがわかります。

アカシックレコードを読み解くということは、この世界にあるすべてのものの源泉をたどることでもあります。

宇宙

あけましておめでとうございます。

2017年がスタートしましたね。

新しい年がみなさまにとって素晴らしい年でありますように
心よりお祈り申し上げます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

ユニバーサルマインド 代表 中島志保

富士山

ユニバーサルマインド講演会
「宇宙銀行の口座を開設する方法」進化版(Version.2)

2017年2月に名古屋と大阪で開催するこの講演会は、2016年11月に東京と福岡で開催した講演会「宇宙銀行の口座を開設する方法」の進化版(Version.2)です。前回と同じく、宇宙銀行の口座を開設する方法をお伝えします。ふわふわとした抽象的な話ではなく、口座を開設するための具体的な方法をわかりやすく解説いたします。また、個人的なご質問やお悩みにお答えするQ&Aの時間もご用意します。宇宙銀行の口座開設にご興味のある方のご参加をお待ちしております。

《内容》
●お金が生み出される「次元」のしくみ
●お金を生み出すための「次元」の活用方法
●宇宙銀行とアストラル銀行の違い
●宇宙銀行の口座を開設する具体的な方法
●テクニックの実践
●質疑応答

《日時》
2017年02月20日(月)13:00~17:00

《講師》中島志保(ユニバーサルマインド代表)

《場所》名古屋モンブランホテル(第2会議室)
    
   住所:名古屋市中村区名駅3-14-1
   電話:052-541-1121
   ※会場は、JR名古屋駅より徒歩2分、地下鉄名古屋駅より徒歩1分です。

《定員》24名

《参加費》10,000円(税込)
 ※事前のお振込みをお願いしています
 ※キャンセルが可能です

《主催》ユニバーサルマインド

お問合せ&お申込みは、こちらのフォームよりご連絡下さい。

みなさまのご参加をお待ちしています。

宇宙

ユニバーサルマインド講演会
「宇宙銀行の口座を開設する方法」進化版(Version.2)

2017年2月に大阪と名古屋で開催するこの講演会は、2016年11月に東京と福岡で開催した講演会「宇宙銀行の口座を開設する方法」の進化版(Version.2)です。前回と同じく、宇宙銀行の口座を開設する方法をお伝えします。ふわふわとした抽象的な話ではなく、口座を開設するための具体的な方法をわかりやすく解説いたします。また、個人的なご質問やお悩みにお答えするQ&Aの時間もご用意します。宇宙銀行の口座開設にご興味のある方のご参加をお待ちしております。

《内容》
●お金が生み出される「次元」のしくみ
●お金を生み出すための「次元」の活用方法
●宇宙銀行とアストラル銀行の違い
●宇宙銀行の口座を開設する具体的な方法
●テクニックの実践
●質疑応答

《日時》
2017年02月19日(日)13:00~17:00

《講師》中島志保(ユニバーサルマインド代表)

《場所》リファレンス大阪  
    
   住所:大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル23F
   電話:06-6136-6186
   ※会場は、JR、地下鉄、阪急、阪神の7駅と地下で直結しています。

《定員》24名

《参加費》10,000円(税込)
 ※事前のお振込みをお願いしています
 ※キャンセルが可能です

《主催》ユニバーサルマインド

お問合せ&お申込みは、こちらのフォームよりご連絡下さい。

みなさまのご参加をお待ちしています。

宇宙

人生というのは、魂の旅路です。魂が旅をするためには、2つの方法があります。

それは、マクロの視点で旅をする方法と、ミクロの視点で旅をする方法です。

マクロの視点で旅をする方法というのは、明晰なビジョンをもって、直観的に生きることです。そして、自分の目の前にあらわれる出来事を、ひとつひとつ許可していくことも大事です。意識が拡大すればするほど、自分の目の前にあらわれる出来事が、肉体意識にとっては、まったく予測ができないものになっていきます。マクロの視点をもつ魂意識で生きるためには、ミクロの視点をもつ肉体意識と、常に密接な関係を築いていかなければなりません。

ミクロの視点で旅をする方法というのは、五感をベースにしたフィーリングをもって、感覚的に生きることです。ある時は心地よさを感じたり、ある時は不安や恐れを感じながら、一歩一歩、人生を前進させていくことです。

私たちは、マクロの視点とミクロの視点の両方のアプローチを取り入れて生きることができます。私たちは常に、自分にとってもっとも最善の方法で生きています。

海

あるレストランで、注文したお料理を食べたとき、とても美味しくて感動したのに、別の日に同じお料理を注文したら、あまり感動しなかったということがあります。

パスタ

私たちは、「自分がはじめて体験したこと」を、五感で記憶します。そして、次に同じ体験をするときは、過去に体験した記憶を引き出して、それを再体験しようとします。つまり、自分が体験したことを、もう一度体験するときは、リアルに体験するのではなく、最初に体験したものを五感のレベルで引き出して体験するのです。

私たちの肉体意識は、この世界で、常に安心安全の感覚を優先します。ですから、初めて体験したことを、五感の状態で脳に記憶し、プログラミングしたものを、次の体験に備えるのです。

私たちは、朝、目を開けた瞬間から、「自分が期待した世界」がそこに存在しています。いつもと同じ天井があり、いつもと同じカーテンがあり、ベッドから足を降ろすと、いつもと同じ床がある。そして、いつもと同じように着替え、朝食をとり、出かける。そして、いつもと同じ電車に乗り、いつもと同じ学校、あるいは会社に行く。

「自分が期待した世界」は、自分の脳をコントロールします。

寝ている間はフルに活動していた脳が、起きたとたん、安心安全のためにプログラミングした五感の記憶へと意識が切り替わり、それまで開いていた五感の感覚が閉じてしまいます。

このように、私たちの五感は、完全に「期待」に沿って働いているのです。

アカシックレコードにアクセスするためには、この「期待」によって働くプログラミングされた五感を中断させる必要があります。「期待」というものを超えた意識、すなわち、「いまここ」の状態を五感でフルに体験するということを、常に自分自身に保持していくことが大切です。

自分自身、あるいは、誰かのアカシックレコードに入って、ある特定の情報を探そうとするとき、そこでは、「2つのバージョン」の情報を見ることができます。1つは、その人の1つの転生(1つのタイムライン)というバージョンです。もう1つは、ある1つの瞬間に集積するすべての転生(すべてのタイムライン)というバージョンです。

この2つのバージョンを見ている「私」というのは、誰でしょうか?

「私」と意識しているものは、実は1つの意識ではなく、300~400回ほどの転生をもった意識です。この、たくさんの転生という膨大な情報をもった意識が、「私」と意識しているものです。そして、この大きな意識である「私」が、1つに統合されたとき、アカシックレコードの情報を見ることができます。このように、アカシックレコードは、1つの視点で見ていきます。

アカシックレコードに入るときは、自分の中にある特定のタイムライン(特定の転生)をすべて手放して、1つの視点になる必要があります。それは、今世のタイムラインも含めて、すべてのタイムライン(すべての転生)を手放すということです。このようにして得られた1つの視点というのは、真の観察者となります。そして、この世界にあるどのような情報も自由自在に集めることができます。

そうすると、自分自身がアカシックレコードそのものであることに気づきます。

青空

第6チャクラ(The Sixth Chakra)-第三の目(The Third Eye)-アジナ・チャクラ(Ajna)

直観力が高まり、テレパシー、透視能力に関係する

第6チャクラの色はロイヤルパープルからインディゴブルーまでです。色は自己覚知や覚醒をしているか否かによって変わりませんが、個人の信念が、より色に変化を与えます。チャクラの場所は、眉毛の間から少し上になります。このチャクラは、松果体、小脳、視床下部、自律神経系、目と耳に影響します。クラウンチャクラと整合し、バランスが取れていると、直観力が高まり、テレパシー、透視能力が身につくとともに、幻想と真理を見分けることができるようになります。このエネルギーセンターが滞ると、脳や神経系統の不調、パーキンソン病やアルツハイマー病、副鼻腔に問題を生じます。また、目や視力、耳に問題が起きます。

松果体と脳下垂体

このページのトップヘ